「建築条件付き土地」とは

青葉区で住宅のために土地を買おうと思った場合、利便性や相場で選ぶことがいちばんです。

ですが、購入を検討する前にその土地に「条件」があるかどうかを確認する必要があります。

その中で最も重要なのはその土地が「建築条件付き」かどうかです。

★建築条件付き土地とは

土地探しをネットでしている際に、必ずお目にかかる言葉です。

名前の通り、土地を買う際に建てる家の建築条件が付加されていることを指します。

その条件とは、「土地を購入してから一定期間内に、指定された施工業者で建築を行う」ということです。

通常、土地を取得すればいつどのように家を建てるかは買主の自由ですが、この条件があると施工会社が決まっているばかりでなく、どのような家屋を建てるかについても大まかに決まっているため自由度は下がります。

もちろん、間取りや内装などこだわりたい部分は融通がききますので建築条件付き土地を購入する場合は注意が必要です。

なお、条件がある分他の土地より割安となっています。

売主は圧倒的に大手不動産業者が多く、建築はそのグループ会社であることが主です。

★建築条件付き土地の期間

一定の期間と定められていますが、概ね土地を取得してから3ヶ月以内と定められています。

その間にどういった家を建てるか相談して、契約をする必要があるということです。

もし、3ヶ月以内に条件が折り合わなかったらどうなるでしょう?

この場合は、土地の購入に関わる契約が丸ごと白紙となります。

違約金などはありませんが土地の購入は慎重に行う方がよいでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加